pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


クローン携帯の認知度76.6%、「存在すると思う」は7割

インデックスデジタルという会社が実施したアンケートの集計結果だそうです。


クローン携帯被害を疑った人の中で、 その理由として目立つものは、パケット代や通話料が予想外に高かったというほ か、「債権会社から身に覚えの無い請求が来た」「身に覚えのない発信履歴があ った」という、クローン携帯とは関係のないと考えられる事象をもって、被害を 疑っているというようなコメントが多く寄せられていることから、クローン携帯 という言葉だけが独り歩きしている実態が浮き彫りになりました。

一般利用者のイメージはそんなもんでしょう。携帯電話がどんな仕組みで動作しているかを理解している必要はないし、理解していないからこそ無関係と思われる事象までクローン携帯のせいにしてしまう。


クローン携帯については …(中略)… 調査結果では7割が「存 在すると思う」という結論となっており、利用者の不安を拭い去るための措置が 必要であるといえます。

この締めの一文は一見すると良いことを書いているように見えるけど全然ダメ。ある事象が存在することを証明するのは簡単です。目の前で見せればいいんだから。でも存在しないことを証明するのは難しいんです。

そりゃ確かに利用者の不安を拭い去るための措置は必要ですよ。でも、どんなに理詰めで説明しても、不安を拭い去ることには繋がらないんです。