pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

はてなダイヤリー時代はカテゴリ分けが適当だったのですが、これはそのうち直します。


年金に関する話

タレントの江角マキコさんの国民年金滞納の話からまだ一ヶ月くらいなのですが、一部議員の国民年金未払いが発覚しましたね。

マスコミによって報道の仕方がいろいろありますが、微妙なツッコミどころを検証。

この問題について新橋あたりのサラリーマンにインタビューするのは無意味だと思います。大抵の場合、サラリーマンが加入しているのは厚生年金で、これは給与から天引きされていますから、インタビューを受けている方がちゃんと払っているのはあたりまえ。

でも、今回問題になっているのは国民年金保険で、これはその他の年金に加入していない方(一般的には自営業者やアルバイトなど)が加入する年金です。そして、現在は強制加入となっているにも関わらず、保険料を納付しようと思ったら自分で自治体の窓口で加入手続きを行い、納付書が送られてくるのを待つことになります。この流れ自体は年金加入が義務でなかった時代から変わっていないのかもしれません。手続きを行っていなければ、請求書が送られてこないので必然的に未払いです。

つまり、このインタビューは確実に天引きされている方が、そうでない方を批判する構図にしかなりえません。このあたりに恣意的なものを感じます。

サラリーマンだって会社を退職して再度就職するまでの間に数ヶ月の時間差があるならば、本来はその間は国民年金に加入しなければなりませんが、それを知らない方は意外に多いはず。


次に福田官房長官の「年金の支払い状況は個人情報だから開示の必要はない」という趣旨のコメント。最初は確かにそうだな、とも思ったけど、年金加入は義務ということになっているので、議員が義務を果たしているかどうかを開示することに問題はあるまい。


そして一連の国民年金保険料未払いの最も重要な問題は、国民の義務とされていることについて、保険料徴収の方法が不適切だということでしょう。今回の問題をきっかけにして、国民年金未加入の方に対して適切な通知を行うことと、保険料を滞納している方に対する強制徴収をもっと厳密に行っていただきたいと思います。