pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


I/OデータのNVBTH2(カーナビをBluetooth対応にするアダプタ)への不満

NVBTH2を使い始めて1か月が経過した。基本的には非常に便利なのだが、機能面で若干の不満を感じる点があるので列挙しておく。

登録可能な Bluetooth デバイスが少ない。

自分のケータイとカミサンのケータイ、それにiPodBluetoothアダプタの3つを登録したいのだが、2つまでしか登録できない。次の製品改良では、ぜひ4つくらいまで登録できるようにしてほしい。

ワンセグチューナー内蔵の製品があってもいいんじゃないか

NVBTH2 を購入したいと思う層が使っているカーナビは、かなりの確率でアナログチューナーしか内蔵していないハズ。
NVBTH2のような製品にワンセグチューナーが内蔵されていたら、けっこう便利だと思うんだけどな。カーナビ側のライン入力が複数用意されてるケースは少ないと思うので、NVBTH2からのライン出力がAUDIOだけじゃなくVIDEOもあればうれしい。

ワンセグチューナー内蔵になったらリモコン操作が必須なので、当然リモコンの出荷も増えるだろう。

さらにライン出力とライン入力の両方を備えていて、入力信号を検出したら出力端子にスルーしてくれるともっとよい。そしたらビデオカメラとかゲーム機をつないで使うこともできる。

別売のリモコンをBluetooth対応にしてほしい。

現在発売中のリモコン NVOP-RM は赤外線方式。リモコンの受光部を別途取り付ける必要がある。でもリモコンがBluetooth対応なら受光部は要らない。前述のBluetoothデバイスの登録数にも関わってくるが、ケータイ2台、シリコンオーディオプレーヤー、Bluetoothリモコンを登録するとなるとデバイスの登録数は必然的に4台必要になる。