pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

はてなダイヤリー時代はカテゴリ分けが適当だったのですが、これはそのうち直します。


WAN側が Bluetooth な WiFi ルータを作ってみる

WAN側のインターフェースにbluetoothを搭載したモバイルルータが欲しい。というのを見かけたのですが、たぶんこういうニッチな製品は、なかなか世に出てこないんじゃないかなあ。

でも、その気になれば、こんな構成で自力で作れます。

  1. Windows MobileBluetooth + WiFi 対応のスマートフォン
  2. IntshrUI (インターネット共有)
  3. ICSControl or WMWiFiRouter (WiFiルータ機能を実現するソフト)

本当なら手順をすべて書きたいところですが、この構成を作成したのは3カ月くらい前ですし、メモをちゃんと残していなかったので、本当に重要な部分だけを書きます。

スマートフォンについては、手元に SoftBank X01HT があったので、これを使うことにしました。なお、スマートフォンBluetooth + WiFi ルータとして使用する場合は SIM をささないので、SIM ロック解除は必須要件です。(私の手元のは、実験目的も兼ねて WM6 への入れ替えも実施していますが、WM5 のままでもたぶん大丈夫じゃないかなあ)

また X01HT はだいぶ古い部類のデバイスですから、実際に使う場合にはバッテリを買い替えたほうがよいでしょう。私の手元のは、バッテリーは2時間も持たない感じです。

IntshrUI は適当にググれば入手先はすぐに見つかるはずです。

肝心のWiFiルータ機能は、使い勝手を優先するならお金を払ってWMWiFiRouterを買うのがカンタンです。でも、それなりの知識を持ってる方ならICSControlを選べばお金をかけずに全く同等のことができます。


この構成の便利なところは、WAN側を Bluetooth または 3G のいずれかを選ぶことができることでしょうか。例えば、今話題の(?) b-mobile SIM U300 を1カ月パックで購入して試すこともできます。(実際に試してます)

もちろん FOMA の携帯電話と Bluetooth でつないで128K 通信を利用することもできます。

また、delegateWindows CE 版をインストールすれば、コンテンツをキャッシュさせることもできるかもしれません。そうなると普通の WiFi ルータよりも使い勝手は大きく向上する(無駄な通信が減るので待ち時間が減る)かも。(ちゃんと試してないので自信無いですが)