pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

はてなダイヤリー時代はカテゴリ分けが適当だったのですが、これはそのうち直します。


圏外の回避策は?

圏外になったときの回避策として、ワタシのところで手順確認できているのは「iPadからSIMを抜き、Heicardを外した状態のSIMを、適当な端末に突っ込んでアンテナピクトが立つのを確認する」ことです。

この時に使う端末はiPad でもかまいません。SoftbankiPaddocomo系のSIMを挿すと実は3Gの電波を掴んでくれます。その上で「アクティベーションが必要です」と出るから実質的に使えないだけなのです。電波を掴んだことを確認できたらSIM下駄つきで挿し直せば、元通り普通に使えます。ただしまれに電波を掴まないことがありましたので、保険として docomo のSIMが使える端末を用意しておくとよいでしょう。しかも圏外病の回復に使える端末と使えない端末があるっぽいです。これに関する試行や調査考察は私の興味の範囲外なので省略します。

上記の作業も俺ハナさんのところで「ずっと圏外になって戻らない場合は、ドコモ携帯でネットワークオペレーションをします」という記述が参考になりました。


なぜこれで問題が解決できるのかについて、合理的な説明はうまくできないのですが、おそらく、次のようなことが起きています。

  • キャリア側で、SIM+Heicardの組み合わせを何らかのタイミングで「不正なもの」と見なし、端末から基地局に対する PS Registration という操作が通らない状態になるのだと思われます。
  • SIMだけを別の端末に挿すと、今度は基地局への PS Registration が成功します。これにより、「不正なもの」と見なされていた状態が解除されるようです。
  • ここでSIM+HeicardをiPadに挿すと、今度は PS Registration に成功して、通信可能となる。

※上記の仮説は、iij のエンジニアの技術ブログの以下の内容を読みながら考察しています。
アンテナピクト問題・セルスタンバイ問題とは何か