pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

はてなダイヤリー時代はカテゴリ分けが適当だったのですが、これはそのうち直します。


イベントビューアにWMIのログが延々と記録される問題に対処するために、NICのドライバをアップデートする。

イベントビューアに以下のエラーが11秒毎に記録されていることに気づきました。

クエリ "SELECT * FROM __InstanceOperationEvent WITHIN 10 WHERE (TargetInstance ISA 'Msvm_ExternalEthernetPort') OR (TargetInstance ISA 'Msvm_VmLANEndpoint') OR (TargetInstance ISA 'Msvm_SyntheticEthernetPort') OR (TargetInstance ISA 'Msvm_ComputerSystem') OR (TargetInstance ISA 'Msvm_VLANEndpointSettingData')" のイベント フィルターを名前空間 "//./root/virtualization" 内で再度使用できませんでした。原因はエラー 0x80041010 です。問題が解決されなければ、このフィルターではイベント表示できません。

さすがに11秒毎の記録は酷すぎる。


いろいろ調べてみると、Hyper-V インストール済みの Windows 環境でこういうのが出ることがあるそうです。そしてこの場合はNICのドライバのアップデートで直るらしい。


さて、私の機材の NICIntel 82579LM で、OS は Windows10 なのですが、この組み合わせだとインテルのサイトにはドライバが無い。


仕方がないので Windows8.1 向けのドライバを以下のURLから入手してドライバのアップデートを試みます。

downloadcenter.intel.com


なお、NICのドライバをアップデートする前に、Hyper-V の仮想スイッチを NIC から切り離しておきます。これをやらないとドライバのアップデートが失敗します。



アップデート後には Hyper-V の仮想スイッチを元に戻すのですが、ここでTCP/IPの通信がうまく通らない状況が発生しました。手順を正確に記録、記憶していないのですが、コントロールパネルの「ネットワーク接続」から「この接続を診断する」あたりを選んだら自動的に修復できたような気がします。

f:id:pslabo:20151022221103p:plain