読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


VMware上のWindows10では、BLEビーコンを検出できない?

これはメモというか、作業記録というか、そういう類のシロモノです。

検出できない、というのは少々語弊があります。
VMware 上で BLE デバイスを扱いたいならば、Bluetooth 4.x 対応の USB ドングルを使用せねばならないかも」という表現のほうが多分正しい。

そして「Macbook 内蔵の Bluetoothバイスを、VMware Guest から参照する場合には BLE は扱えない」のかも。Windows が Host の場合の動作は確認しておりません。またその他の仮想化プラットフォームでも未検証です。

動作確認した環境は、以下のスクリーンショットのように、VMware-tools が動いていて、なおかつ Bluetooth が有効であることがわかります。
f:id:pslabo:20160613080413p:plain

Bluetoothアダプタは Macbook 内蔵の Bluetoothバイスが VMware Guest 側からもそのまま使える状態です。

ここで、ペアリングが必要なデバイス(iPhoneとか) をペアリングしてみると、これは特に問題なく行えます。
f:id:pslabo:20160613081027p:plain

しかし、BLEビーコンは検出できませんでした。

なお、BLEビーコンの検出アプリを別の機器(LIVA とか)で試すと、これは正常に検知できました。
だからアプリ側の実装には問題はなさげ。

もしかするとVMware 上でホスト側のBluetoothバイスを共有した状態では、BLE デバイスはすべてアウトかも。試しに、HeartRateMonitor から値を読むアプリを動かしてみたけど、これも VMware Guest な Windows では値が取得できませんでした。こういうときに1つのソースから Windows/Mac/iOS/Android のアプリをビルドできる RAD Studio + FireMonkey Framework はとても便利です。
www.embarcadero.com