読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pslaboの日記

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


VMwareで仮想マシン起動時にBIOS設定画面にカンタンに入るための2つの方法

VMware

自分用のメモ

VMwareで作成済みの仮想マシンに対してOSをDVDから上書きインストールするときに、ブートオーダーを変更したりBIOS設定画面に入るのが辛いことがあるので、手順をメモしておく。

基本的には強制的にBIOS設定メニューに入るようにするか、またはOSブートに入る前に数秒間のディレイを設定するかのいずれか。

VMware Workstation の場合

仮想マシンを選んで、[パワー] > [ファームウェアへのパワーオン] を選べばOK。
f:id:pslabo:20161013091831p:plain

ESXi, VirtualCenter, vCenterServer

仮想マシンの設定で [オプション] > [起動オプション] のメニューから、[次回起動時にBIOS設定を行う] みたいな項目を on にしておく。

設定ファイルでやる方法(Workstation, Fusion, ESXi 等で共通)

仮想マシンの vmx ファイルに以下のような記述を追加すればよい。

bios.forceSetupOnce = "TRUE"
bios.bootDelay = "5000"


本件のネタ元は vmware のナレッジベースです。

https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2078590