pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

はてなダイヤリー時代はカテゴリ分けが適当だったのですが、これはそのうち直します。


VMware上のUbuntu16.04LTSから共有フォルダ設定でホストOSのフォルダを参照する

サマリ

  • vmware-tools ではなく open-vm-tools を使います。(vmware tools でも出来るだろうけど、いまどきは open-vm-tools でしょ)
  • とりあえずマウントするだけなら案外あっさりと行きます。
  • 一般ユーザでも mount / unmount したいならばちょいと設定変更必要かも。

事前準備

ゲストOS側をシャットダウンの後、設定メニューから共有フォルダ設定を行っておく。

手順

こんな感じですね。インストールして vmhgfs-fuse でマウントする。不要になったら umount することもできる。

$ sudo apt-get install open-vm-tools

$ sudo mkdir /mnt/hgfs

$ sudo vmhgfs-fuse -o allow_other -o auto_unmount .host:/ /mnt/hgfs

$ sudo umount /mnt/hgfs


sudo せずに一般ユーザ権限で vmhgfs-fuse を実行したい場合はこんなふうに下準備します。

$ chmod a+w /mnt/hgfs

$ sudo vim /etc/fuse.conf
user_allow_other

そうすれば一般ユーザ権限でこんなふうに実行できるはず。

$ vmhgfs-fuse -o allow_other -o auto_unmount .host:/ /mnt/hgfs
$ umount /mnt/hgfs


ネタはここらへんから頂きました。
qiita.com
m77.hatenablog.com
verifiedby.me