pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


Amazon S3の価格が下がるらしいので、他のクラウドストレージと価格比較してみる

以下の情報によると、USリージョンだと1GBあたり月額0.0230USD、日本を含むAPAC(Asia Pacific)だと0.0250USDに変わるとか。
AWS Storage Update – S3 & Glacier Price Reductions + Additional Retrieval Options for Glacier | AWS Blog

APACで1TBを1年間使うと、0.0250 x 1000 x 12 = 300USD。1USD = 110円ならば、年額33,000円。高いのか安いのか分からなくなってきたので、他のクラウドストレージと比較してみることにしよう。

本来ならば他の IaaS と比較すべきなのでしょうけど、とりあえずの興味は、S3 を DropBoxGoogle Drive などの一般ユーザ向けのファイル置き場の代わりに使った場合のコストだったりします。


なので今回比較するのは以下の5つ。価格データの参照元URLも併記しました。

DropBox https://www.dropbox.com/pro/buy
Google Drive https://www.google.com/settings/storage
iCloud Storage http://www.apple.com/jp/icloud/
Amazon Unlimited storage https://www.amazon.co.jp/clouddrive/home
Amazon S3 https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/aws-storage-update-s3-glacier-price-reductions/

これらをもとに1TBまでの価格を折れ線グラフにしてみたのがこちらです。なお、S3の費用は1USD=110円で計算しています。

f:id:pslabo:20161123121748p:plain

うーむ、思ったよりも S3 って安くない? どこかで計算間違えたかな??

さて、このグラフだと400GBまでは Amazon S3 を使っていれば良さげなカンジ。
400GBを超える場合は GoogleDrive, iCloud, Amazon Unlimited Storage のほうが費用的にオトクになりそう。
400GB未満の使用量でデータトラフィックが多すぎない方は S3 を選んでおくと最もコストがかからないっぽい。(自分の計算が間違っていなければ。)

ただし Amazon S3 を含む Amazon Web Service は使った分だけお支払いかつ青天井なのでアカウントが流出したりすると大変です。だからアカウント管理がちゃんとできる人(少なくとも多要素認証は普通に使っている人)でないとおススメできないわけですが。

あとでもう一度検証してみよう。