pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


Google Analytics のタグを貼れない環境でも Google Analytics で集計してみるテスト

Google Analytics のタグが貼れないCMSで不定期に記事を書く必要が出たのだけど、せめてページ毎のアクセス集計くらいは見える化したいと思ってなんとかしてみるテストです。

Google Analytics の Measurement Protocol を使ってみる

developers.google.com

Measurement Protocol というのは、一言でいうとWebビーコンです。Webビーコンなのでパラメータをつけてリクエストを投げると集計が行われた上で縦横1ピクセルの画像が返されます。

だからウェブコンテンツの中に Measurement Protocol へのリンクを画像タクとして入れておけば、最低限、アクセス数の集計くらいは出せそうな感じ。

Measurement Protocol のパラメータは Hit Builder で作ることができる

Hit Builder — Google Analytics Demos & Tools

Google Analytics のトラッキングIDを新規に作ったら、Hit Builder でパラメータをカスタマイズする。

今回はとりあえずこんな内容を設定してみる。

パラメータ名
v 1
t pageview
tid ラッキングID
cid 本来は閲覧者毎に割り振るIDだが、今回は固定値を振っている
ds web
dl ページのURL
dt ページのタイトル

そして Hit Builder が生成したパラメータと www.google-analytics.com/collect? を連結したURLを作ればよい。

そしてこのURlを個別のページに で差し込んでいく。

今後はページを新規に作るたびに、dlとdtを変えたタグを差し込めば一応は集計できる。

ただしこの方法で集計した場合はページビューは集計できるけれど、個々のアクセスに紐作り情報は正しく集計されない点に注意。cid が全て同じなのだから正しく集計できるわけがない。

これについては何か解決方法がないかと考え中。