pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


Anker PowerCore Fusion 5000でMacbook Pro 2016の充電を試みる

Anker PowerCore Fusion 5000 はモバイルバッテリーとUSB充電器がニコイチになったデバイスなので、スマートフォンタブレットの予備充電器としてはとても便利に使えます。

しかし、このデバイスのoutputは下記の仕様ですから、USB-PD 仕様のノートパソコンを充電するにはパワーが足りません。

  • AC使用時 5V=2.1A (最大合計x2.1A)
  • バッテリー使用時 5V=3A (最大合計3A)

そのことは承知の上で、あえて Macbook Pro 2016 の充電をトライしてみることにします。

ついでに、同じく Anker の PowerPort+ 5 の充電速度も測って比べてみることにします。

試験内容

  • Macbook Pro 2016 13inch のバッテリーが空の状態で Power Core Fusion 5000 のバッテリでの充電を試みた場合に、何%まで充電できるかを確かめる。

  • Macbook Pro 2016 13inch を利用中に Power Core Fusion 5000 と接続した場合に、Macbook 内蔵バッテリーの減りをどの程度抑えられるかを調べる。

Macbook Pro 2016 13inch のバッテリーが空の状態で Power Core Fusion 5000 のバッテリでの充電を試みた場合に、何%まで充電できるかを確かめる。

実際にやってみたところ、約3時間ほどで Power Core Fusion 5000 のバッテリは空になり、Macbook Pro 2016 13inch のバッテリーは 30%程度 まで回復していました。

f:id:pslabo:20170709122649p:plain

なお、Anker PowerCore Fusion 5000接続時の給電状態は12Wでしたので、Macbook Pro を使用中に充電するには給電電力量が足りないことは言うまでもありません。しかしながら Macbook Pro 2016 13inch のUSB充電器を自宅またはオフィスに忘れてきたときに、AC電源が取れない場所で多少時間が掛かってもよいのでMacbook Proを使用しないときにバッテリーを回復させたい場合には使えそうです。

Macbook Pro 2016 13inch を利用中に Power Core Fusion 5000 と接続した場合に、Macbook 内蔵バッテリーの減りをどの程度抑えられるかを調べる。

こちらは Macbook Pro 2016 13inch で youtube で動画を再生しつつ、以下の状態を比較します。

  • Power Core Fusion 5000 をAC接続して給電した場合に充電できるか?
  • Power Core Fusion 5000 の内蔵バッテリで給電した場合に充電できるか?
  • Mac book pro 2016 をバッテリ駆動した場合にバッテリがどれくらい減るか?
  • PowerPort+ 5 でどれくらいのペースで充電できるか?

youtube の動画再生はいまどきのハードウェアには軽い負荷なので、給電系への負荷試験としては適切ではない可能性があります。

本当ならば、Macbook pro 2016 で仮想マシンを実行し、そこで youtube を再生するべきだったかもしれませんが、とりあえず今回はそういう測り方をしていません。これは後日測ってみます。

Power Core Fusion 5000 をAC接続して給電した場合に充電できるか?

基本的には、充電はできない、と考えて頂いだほうがよいです。しかしMacbook Pro の内蔵バッテリーが減るペースは抑えられるかもしれません。

以下は時間ごとのバッテリ残量の変化です。

f:id:pslabo:20170709191352p:plain

Power Core Fusion 5000 の内蔵バッテリで給電した場合に充電できるか?

今回の前提条件ではバッテリは減りませんでしたので、AC接続の場合と同様にMacbook Pro の内蔵バッテリーが減るペースは軽減できるはずですが、充電は厳しいでしょうね。

f:id:pslabo:20170709191410p:plain

Macbook Pro 2016 をバッテリ駆動した場合にバッテリがどれくらい減るか?

当然ながら、Macbook Pro を内蔵バッテリだけで駆動させるとバッテリは減ります。この試験では概ね3分ごとに1%づつ減っています。

f:id:pslabo:20170709191516p:plain

PowerPort+ 5 でどれくらいのペースで充電できるか?

Macbook Pro の内蔵バッテリが減るペースよりは速いペースでの充電が行えています。

f:id:pslabo:20170709191453p:plain

結論

  • Macbook Pro 2016 がスリープ中なら Power Core Fusion 5000 での充電は可能です。ただし相当に時間が掛かることを覚悟の上で。
  • Macbook Pro 2016 を利用中に Power Core Fusion 5000 で充電することは非常に困難なので、これを目的として購入してはダメです。ただしバッテリーの減りを軽減させる目的ならアリかもしれません。
  • PowerPort+ 5 は案外使い物になります。そこそこの出力が取れるUSB充電器が欲しいなら、現時点ではおそらくベストチョイスです。