pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


カラーレーザー複合機を買った

ブラザーの MFC-9420CN というカラーレーザー複合機を買いました。3月下旬のことですが、Amazonの価格が税込みで 45,660 円という金額だったので、1週間ほど迷った挙句に買うことにしました。この金額だとカラーレーザープリンタは買えますが、カラーレーザー複合機を買うことはほとんど不可能です。

実際の使用感としては、スリープ状態からのファーストプリントの際の音がうるさいことを除けば、基本的な不満はありません。スキャナ・コピーのADFも問題ないし、インクジェットじゃないから印刷が不定期でもインクが詰まることもありません。

今回の購入目的は、子供向けのドリルのコピーを取って、同じ問題を何回でもできるようにするためです。ある意味、公文式のやり方のようなものでしょうか。また、自宅のプリンタをリストラすることも目的の一つです。


ちなみにこの複合機を買うまでは、全部で3台のプリンタがありました。

一台は EPSON LP-1500 というモノクロページプリンタで、1993年くらいに購入し、購入時の価格が確か14万円くらいだったと思います。このプリンタは今でもまだ動くのですが、ファーストプリントに時間がかかりすぎるので、そろそろ買い替え時と考えていました。

もう一台はおなじくブラザーのインクジェット型複合機である MyMio です。機能的には不満はないけれど、ある程度定期的に印刷していないとインクがかすれるなどの、インクジェット特有の問題があります。またADFつきモデルなのですがスキャナ・コピーの際にシートフィーダーの給紙が微妙にずれてしまい、コピーが斜めになってしまうことがありました。今回のカラーレーザー複合機の購入動機は、これらの点が許せなかったためです。

最後の一台は EPSON E-500 というフォトプリンタです。フォトプリンタなので写真の印刷は完璧です。でもこちらもインクジェットなので定期的な印刷を怠るとヘッドが目詰まりしてクリーニングに手間取ります。最も活躍するのは年賀状シーズンで、それ以外は子供が友達と写っている写真を配るときくらいでしょうか。

今回のカラーレーザー複合機購入で、MyMio と LP-1500 は完全に不要になったので、それぞれオークションで売却(MyMio) と廃棄 (LP-1500) の予定です。さすがにいまさら LP-1500 を引き取るような奇特な方もいないでしょうしね。