pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

はてなダイヤリー時代はカテゴリ分けが適当だったのですが、これはそのうち直します。


Delphi / C++Builder 向けパッチの自己流管理方法

Delphi / C++Builder に限らず、ソフトウェア製品はかならずパッチやアップデートがリリースされますので、適切に適用することが大切ですね。

しかし、Delphi / C++Builder のパッチは私的にはちょっとだけインストールがめんどくさい。

たとえば 10.2 Tokyp Subscription Update 3 向けのパッチはこれだけあります。これらは個別のzipファイルで提供されることが多く、Delphi / C++Builder のインストールパスに手作業で展開する必要があります。(例外的に一部のパッチは実行形式で提供されることがあるようですけど。)

パッチ名 ダウンロードページ
30831_rad_studio_10.2.3_android_push_notification_patch https://cc.embarcadero.com/item/30831
30832_rad_studio_10.2.3_ems_package_wizard_patch https://cc.embarcadero.com/item/30832
30833_RAD_Studio_10.2.3_Context_Help_Patch https://cc.embarcadero.com/item/30833
30834_C++Builder_10.2.3_C++_Compiler_4k_Stack_Allocation_Patch https://cc.embarcadero.com/item/30834
30835_RAD_Studio?_10.2.3_iOS 11.3_Patch https://cc.embarcadero.com/item/30835
30836_delphi_10.2.3_rad_server_linux_apache_patch https://cc.embarcadero.com/item/30836
30837_rad_studio_10.2.3_ios_11.3_and_codeinsight_patch https://cc.embarcadero.com/item/30837
30838_rad_server_10.2.3_performance_patch https://cc.embarcadero.com/item/30838

こういう仕組みはシンプルだから嫌いではありませんが、それそれのパッチの適用状況がわかりづらいです。

そこで、こういう方法でパッチのインストール状況を管理することにしました。

RAD Studio のインストールフォルダに "HotFix" というフォルダを作って適用済みホットフィクスの情報を記録しておく

ツール側にパッチの適用状況を管理する仕組みがないなら、どうにかしよう、ということで、それを管理するためのフォルダを作成します。

ここには、以下のルールでファイルをパッチ単位で作っておきます。

  1. ファイル名は、パッチの番号および名前にしておく。拡張子は txt にする。
  2. ファイルの内容は、パッチが公開されているページのURLにする。

このようにしておくだけで、パッチのインストール状況が一目でわかりますし、そのパッチを他の機材に適用したい場合には、そのファイルをひらけばURLがわかるので内容の確認やダウンロードも簡単です。

どうせなら、パッチをひとまとめにしたアーカイブを作ってしまおう

とはいいつつも、複数の作業マシンを使い分けている場合は、それらに同一のパッチを入れる作業は案外めんどくさい。

また、環境をゼロから作り直す場合も同様にめんどくさい。

そこで、前述の構成をとりつつ、複数のパッチをマージしたアーカイブを作ってしまえば、すべてのパッチを一括で導入できますし、何を適用しているかもわかります。

では、そのアーカイブはどんな形式で作るのがよいのか?

普通に考えれば zip 形式一択なのですけど、zip 形式は圧縮率がさほど高くないという印象があります。そこで、複数の圧縮フォーマットでファイルサイズがどれくらい変わるかを比較してみました。なお、作業の都合上、これは macOS 上で実施しております。また、処理時間は1回だけ実行した時の実測値なので処理時間の絶対値を見るのではなく、相対的に速い、遅いという観点での比較にご利用いただけます。

アーカイブ ファイルサイズ 作成方法 処理時間
R10.2.3.30831-30838.tar 1583243776 tar cvf R10.2.3.30831-30838.tar R10.2.3.30831-30838 3秒
R10.2.3.30831-30838.zip 907663024 zip -r R10.2.3.30831-30838.zip R10.2.3.30831-30838 2分45秒
R10.2.3.30831-30838.tar.gz 907840100 cat R10.2.3.30831-30838.tar | gzip -c -9 > R10.2.3.30831-30838.tar.gz 2分35秒
R10.2.3.30831-30838.tar.bz2 874491124 cat R10.2.3.30831-30838.tar | bzip2 -c -9 > R10.2.3.30831-30838.tar.bz2 2分49秒
R10.2.3.30831-30838.tar.xz 598725872 cat R10.2.3.30831-30838.tar | xz -c -9 > R10.2.3.30831-30838.tar.xz 15分32秒

*上記の処理で cat を pv (pipe viewer) に置き換えて実行すると、処理状況が可視化され、実行終了予測時間も表示されますので、私が実際に作業するときには cat ではなく pv を使います。

こうやって比べてみると、zipとgzipはファイルサイズに極端な差はありませんが、bzip2はそれよりも小さく、xzはさらに小さいことがよくわかります。圧縮のためにそれなりに時間はかかりますが、xz が取り扱えるなら基本的には xz 一択で良いと思います。

ちなみに、この xz のアーカイブを展開するためにかかる時間は、約10秒でした。圧縮には時間がかかるけれど、展開で10秒なら全く問題ないレベルです。

では、xz は Windows でどうやって扱えるか?

GUI 指向の方は 7-zip を入れておけば扱えるようですが、私は Windows 向けのGUIツールでアーカイブを扱うことを基本的にしないので、使い勝手はよく知りません。

CUI 操作に不都合がない方は、Windows Subsystem for Linux をセットアップしておけば、普通に xz や tar コマンドで扱えます。

ちなみに、Windows 側の特定のフォルダで bash で作業するのに cd コマンドで移動、とかする必要はありません。エクスプローラでそのフォルダを開いた状態で、アドレスバーから "bash" と入力するだけでよいのです。

Sufrace Go 64GB のSSD性能をベンチマークしてみる

Surface Go 64GB を一時的に使うことになったので、SSD性能をベンチマークしてみました。

計測に試用したのは CrystalDiskMark のストアアプリ版です。

Surface Go 上位モデルのベンチマーク結果はいろんなところで記事化されているのでそちらと比較してみると、こんな感じになりました。

  • 読み込み性能は1/3くらいに遅い
  • 書き込み性能は上位モデルよりちょっと速い

f:id:pslabo:20190129084335p:plain

なお、この Surface Go には RAD Studio 10.3 Rio Enterprise をフルインストールするという無茶振りをしてみたので、ストレージの空き容量がだいぶ減ってます。

この状態で iOS/macOS/LinuxSDKをPAServer経由で開発環境側にコピーすると、さらに足りなくなりそうなので、RAD StudioのインストールフォルダなどをNTFS圧縮しようかと考え中。

Samsung microSD 32GB MB-MC32GA/ECO を買ったのでベンチマークしてみる

Samsung microSD 32GB MB-MC32GA/ECO を買ったのでベンチマークしてみることにします。

ベンチマークは下記2種類のI/Fで試しました。

ダイソーのリーダーは100円で売ってたので試しに買ってみました。

Blackmagic Disk Speed Test の結果

item write read
MB-MC32GA/ECO (MacBook Pro Retina 13inch SDスロット利用 31.0MB/s 87.1MB/s
MB-MC32GA/ECO(ダイソーで買ったSD/microSD-USBリーダ) 4.6MB/s 8.3MB/s

過去にこういうベンチマークをしてみましたが、これに比べるとMB-MC32GA/ECOは書き込み速度がずいぶん良いので、書き込み性能が必要な場合は古いのを使い続ける意味はなさそうです。

pslabo.hatenablog.com

ダイソーのリーダーは、なんというか、これは非常用としては使える程度、ですね。

試用期間が終了した kintone のトライアルを再度申し込む

Delphi/C++Builderクラウドサービスをデータソースとして利用できる Enterprise Connectors が2018年11月に kintone 対応したので、kintone をトライアル利用しつつ Delphi/C++Builder との連携を試していたのですが、気がつくと kintone のトライアル期間が終了してしまいました。

しかし、kintone では下記ページに記載のとおり、試用期間終了後に再度試用申し込みすることができます。 https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/kintone/Detail.aspx?id=1049

そこで再度の試用申し込みをすることにしました。ただし再試用後も直前の試用で使っていたサブドメイン名を引き続き使いたかったので、以下の手順で再試用することにします。

  1. 試用期間が終了したサブドメインを、一旦別名のドメインに変更する
  2. 新たに試用を申し込む
  3. 新しい使用環境のアカウントを、以前の試用環境のものにあわせる
  4. 新しい使用環境のサブドメインを、以前の試用環境のサブドメインに変更する

この手順がベターなものかどうかは知らないけど、とりあえず目的は達せられたので良しとする。

Delphi/C++Buidler/RAD Studioのデータベース接続コンポーネントFireDACからDockerコンテナのMySQLにつなぐ

とりあえずざっくりな忘備録。開発環境からつないでみるだけです。

MySQL Serverを自分の作業マシンや仮想マシンに入れるのはイマイチな気がしたので、せっかくなのでDockerで作ることにします。

手順自体は普通に MySQL Server をインストールする場合と基本的には同じです。

必要なもの

準備

Delphi/C++Builder/RAD Studio Enterprise

買いましょう。

libmysql.dll(MySQLWindowsクライアント)

libmysql.dll は MySQL Connecotr/C に含まれるので、これを開発環境に一旦インストールする。

https://dev.mysql.com/downloads/connector/c/

ただし単体インストーラは存在しないので、MySQL Installer でインストールします。

MySQL Connecotr/C はインストールの途中で明示的に追加します。

インストールしたら、パスが通っているフォルダか、またはDelphiIDEのパスにコピーします。

Docker MySQLコンテナ

Delphi 10.2 では MySQL は Version 5.7 までの対応っぽい。 ここに対応データベースバージョンが書かれている。

FireDAC データベースのサポート - Status

そこで Docker MySQL コンテナイメージも 5.7 のものを選んで入手することにします。

公式のイメージは https://hub.docker.com/r/mysql/mysql-server/ に情報がありまして、これを見ると 5.7 は次のようにインストールできそうです。

docker run \
    --name mysql57 \
    -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=secret \
    -p 3306:3306 \
    -d mysql/mysql-server:5.7

ただしこの手順で起動しても、MySQL への接続は localhost からしか行えません。そこで一旦こんなふうに実行して、root ユーザがすべてのデータベースに対して任意のノードから接続できるようにしてみます。

$ docker exec -it mysql57 mysql -uroot -p
mysql> grant all privileges on *.* to root@'%' identified by 'secret';

実際の運用環境では、当然ながら、こんなざっくりとした設定をしてはダメです。

FireDACでの接続定義の作成

TFDConnectionで、最低限、こんな感じで設定すれば接続できるはずです。黄色でハイライトされている箇所を実際の環境にあわせて設定します。 f:id:pslabo:20181110193455p:plain

設定を作ったら「テスト」を実行して設定が正しいことを確認します。

接続できたら、あとはTFDQueryなどでクエリ実行するなりして利用できます。

うまく接続できない場合は、MySQL Workbench や mysql コマンド等で接続できるかどうかを確かめるとよいでしょう。

ちなみに最初は MySQL 8 のコンテナを立てたのですが、MySQL Workbench からは正常に接続でき、FireDAC から接続するとエラーが出たので、サポートバージョンで明記されている 5.7 のコンテナを作り直しました。とはいえ、docker run するだけなので、手間なく動かせるのは大変ありがたいです。実インストールしていたら、アンインストールするとか、スナップショットに戻すとかの作業が必要になるわけですし。

Windows向けのEXEやDLLが、32bitなのか64bitなのかを調べる方法をいくつか考えてみる

アプリケーションとDLLのビット数が合わないと動かないので、方法を把握したいと思った

あるツールのビット数と、そのツールが使うDLLのビット数が合っていないことに気づかず、意外に手間取ったので、ビット数の確認方法を考察してみることにした。

とりあえず見つけた方法はこんなところ。

  • dumpbinコマンドで見る
  • バイナリを直接見る
  • fileコマンドで見る

この中では、自分の環境では file コマンドでチェックするのが最もよさげ。

dumpbin コマンドで見る

Visual Studio に含まれる dumpbin.exe で見れるらしい。

こんなふうに実行すると、x64 or x86 という情報が出るらしい。

dumpbin.exe /headers ファイル名 | findstr machine

でも、自分の環境には Visual Studio を入れていないので、この方法は取れない。

直接見る

0x80 前後に以下のようなデータの並びを探せばよいそうです。

50 45 00 00 4C 01 = 32bit
50 45 00 00 64 86 = 64bit

うん、わかった。でもちょっとめんどくさい。

file コマンドで見る

macOS, Ubuntu, CentOS などに含まれる file コマンドを使えば、こんなふうに確認できます。

EXEはこんなふうに。

$ file System32/net.exe SysWOW64/net.exe
System32/net.exe: PE32+ executable (console) x86-64, for MS Windows
SysWOW64/net.exe: PE32 executable (console) Intel 80386, for MS Windows

DLLも、こんなふうに。

$ file System32/winusb.dll SysWOW64/winusb.dll
System32/winusb.dll: PE32+ executable (DLL) (console) x86-64, for MS Windows
SysWOW64/winusb.dll: PE32 executable (DLL) (console) Intel 80386, for MS Windows

自分のWindows 10環境にはWSLを入れているし、MacBook もあるし、だったら、file コマンドが一番ラクだということがわかりました。

プロジェクターがない訪問先で製品デモを行うときに、操作画面を見せる方法を考える

訪問先によっては、応接場所にプロジェクタやモニタがないことがありますが、そのときにソフトウェア製品の操作デモをスマートに見せる方法について考えてみました。

どんな方法があるか?

いろいろ考えたのですが、方法は次の3種類が挙げられます

  • モバイルディスプレイを持ち運ぶ
  • タブレットをセカンドディスプレイとして使う
  • 別のPCに画面をキャストする

このときに画面サイズは13インチ程度は欲しいです。これを下回ると細かい表示が見づらくなります。

それぞれの方法を深掘りする

モバイルディスプレイを持ち運ぶ

  • どんなデバイスからも出力できます
  • 表示品質は最良です
  • セッティングの手間も最小限です
  • ただしそれ以外の目的に使えません

ただし自分はこの方法は選びません。普段からカバンにはMacBook Pro Retina 13 inch 2台と9.7インチiPadが入っているので、ここにさらに外部モニタを追加するのは無理です。

それでもこの方法を選ぶとしたら、たとえばこんな製品があります。

タブレットをセカンドディスプレイとして使う

  • あくまでPCの出力用としてのみ利用できます
  • PC側(Windows or MacBook)とタブレットの両方に専用のソフトウェアをインストールします
  • 表示品質はそれなりだけど、描画の遅延があります
  • セカンドディスプレイとして使わないときは、普通にタブレットとして使えます
  • PC側のOSメジャーアップデートの際に問題を引き起こすことがあるので、メジャーアップデートの際は事前にアンインストールしておくことが推奨されます

すでにタブレットをお持ちならば、すぐに始められる方法です。たいていの場合はタブレット側にインストールするアプリが有償ですが、モバイルディスプレイの購入に比べるとリーズナブルな価格です。

ただしソフトウェア的に処理する都合上、どうしても処理の遅延が避けられません。

またタブレットの画面サイズは11インチ以上が望ましいです。これを下回ると大変見づらくなります。自分の場合は9.7インチ iPadでこの方法を試してみましたが、720p (1280x720) で用いた場合でも細かい部分が見づらいことがありました。

Android で使うなら iDisplay, iPad なら Duet Display あたりが選択肢になりうると思います。

別のPCに画面をキャストする

2名で訪問する場合や、1名でもPCを2台持ち運んでいる場合は、この方法がとれます。

PC の組み合わせにより、以下の3パターンが考えられます

この方法はネットワーク接続が前提なので、WiFiモバイルルータまたはスマートフォンテザリング利用が最低限必須です。5GHz帯が使える環境があればベターだと思います。

MacBook 2台の場合は「画面共有」を使うのが、どう考えても鉄板です。これは macOS 10.x の標準機能なので、何かを追加する必要がありません。操作される側のMacBookで「システム環境設定」の「共有」メニューから「画面共有」を実行すれば準備は完了。あとは操作したい側から "vnc://接続先PCの名前/" に接続するだけです。(Safariのアドレスバーや、Finder で「サーバに接続」で指定する)

同様に、Windows 8.1/10 Pro の画面を別のPCで表示する場合は、リモートデスクトップ接続がOS標準機能です。操作される側の Windowsリモートデスクトップ接続を有効にしておきます。

操作される側が Windows 8.1/10 Home の場合や、MacBookWindows 間で画面のキャストを行いたい場合は、Chrome Remote Desktop が扱いやすいです。

その他の方法

VNC を用いる方法は汎用的に利用できるはずですが、実際にはあまりオススメしがたいです。たとえばmacOS 標準の「画面共有」には VNC から接続できますが、2回目以降の接続がうまくいかない(接続後のユーザ認証が完了せず利用できない)ことがありました。

他にも、macOS の画面を別のPC上の Reflector でミラーリングする方法もありますが、こちらもおすすめしません。実際に試してみると画質があまりよくないようでした。

他に思いつく方法としては、PC2台+ビデオキャプチャ装置という方法があります。接続に一手間かかるけど、この方法は割とキレイに見せられるはずです。