pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

はてなダイヤリー時代はカテゴリ分けが適当だったのですが、これはそのうち直します。


試用期間が終了した kintone のトライアルを再度申し込む

Delphi/C++Builderクラウドサービスをデータソースとして利用できる Enterprise Connectors が2018年11月に kintone 対応したので、kintone をトライアル利用しつつ Delphi/C++Builder との連携を試していたのですが、気がつくと kintone のトライアル期間が終了してしまいました。

しかし、kintone では下記ページに記載のとおり、試用期間終了後に再度試用申し込みすることができます。 https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/kintone/Detail.aspx?id=1049

そこで再度の試用申し込みをすることにしました。ただし再試用後も直前の試用で使っていたサブドメイン名を引き続き使いたかったので、以下の手順で再試用することにします。

  1. 試用期間が終了したサブドメインを、一旦別名のドメインに変更する
  2. 新たに試用を申し込む
  3. 新しい使用環境のアカウントを、以前の試用環境のものにあわせる
  4. 新しい使用環境のサブドメインを、以前の試用環境のサブドメインに変更する

この手順がベターなものかどうかは知らないけど、とりあえず目的は達せられたので良しとする。

Delphi/C++Buidler/RAD Studioのデータベース接続コンポーネントFireDACからDockerコンテナのMySQLにつなぐ

とりあえずざっくりな忘備録。開発環境からつないでみるだけです。

MySQL Serverを自分の作業マシンや仮想マシンに入れるのはイマイチな気がしたので、せっかくなのでDockerで作ることにします。

手順自体は普通に MySQL Server をインストールする場合と基本的には同じです。

必要なもの

準備

Delphi/C++Builder/RAD Studio Enterprise

買いましょう。

libmysql.dll(MySQLWindowsクライアント)

libmysql.dll は MySQL Connecotr/C に含まれるので、これを開発環境に一旦インストールする。

https://dev.mysql.com/downloads/connector/c/

ただし単体インストーラは存在しないので、MySQL Installer でインストールします。

MySQL Connecotr/C はインストールの途中で明示的に追加します。

インストールしたら、パスが通っているフォルダか、またはDelphiIDEのパスにコピーします。

Docker MySQLコンテナ

Delphi 10.2 では MySQL は Version 5.7 までの対応っぽい。 ここに対応データベースバージョンが書かれている。

FireDAC データベースのサポート - Status

そこで Docker MySQL コンテナイメージも 5.7 のものを選んで入手することにします。

公式のイメージは https://hub.docker.com/r/mysql/mysql-server/ に情報がありまして、これを見ると 5.7 は次のようにインストールできそうです。

docker run \
    --name mysql57 \
    -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=secret \
    -p 3306:3306 \
    -d mysql/mysql-server:5.7

ただしこの手順で起動しても、MySQL への接続は localhost からしか行えません。そこで一旦こんなふうに実行して、root ユーザがすべてのデータベースに対して任意のノードから接続できるようにしてみます。

$ docker exec -it mysql57 mysql -uroot -p
mysql> grant all privileges on *.* to root@'%' identified by 'secret';

実際の運用環境では、当然ながら、こんなざっくりとした設定をしてはダメです。

FireDACでの接続定義の作成

TFDConnectionで、最低限、こんな感じで設定すれば接続できるはずです。黄色でハイライトされている箇所を実際の環境にあわせて設定します。 f:id:pslabo:20181110193455p:plain

設定を作ったら「テスト」を実行して設定が正しいことを確認します。

接続できたら、あとはTFDQueryなどでクエリ実行するなりして利用できます。

うまく接続できない場合は、MySQL Workbench や mysql コマンド等で接続できるかどうかを確かめるとよいでしょう。

ちなみに最初は MySQL 8 のコンテナを立てたのですが、MySQL Workbench からは正常に接続でき、FireDAC から接続するとエラーが出たので、サポートバージョンで明記されている 5.7 のコンテナを作り直しました。とはいえ、docker run するだけなので、手間なく動かせるのは大変ありがたいです。実インストールしていたら、アンインストールするとか、スナップショットに戻すとかの作業が必要になるわけですし。

Windows向けのEXEやDLLが、32bitなのか64bitなのかを調べる方法をいくつか考えてみる

アプリケーションとDLLのビット数が合わないと動かないので、方法を把握したいと思った

あるツールのビット数と、そのツールが使うDLLのビット数が合っていないことに気づかず、意外に手間取ったので、ビット数の確認方法を考察してみることにした。

とりあえず見つけた方法はこんなところ。

  • dumpbinコマンドで見る
  • バイナリを直接見る
  • fileコマンドで見る

この中では、自分の環境では file コマンドでチェックするのが最もよさげ。

dumpbin コマンドで見る

Visual Studio に含まれる dumpbin.exe で見れるらしい。

こんなふうに実行すると、x64 or x86 という情報が出るらしい。

dumpbin.exe /headers ファイル名 | findstr machine

でも、自分の環境には Visual Studio を入れていないので、この方法は取れない。

直接見る

0x80 前後に以下のようなデータの並びを探せばよいそうです。

50 45 00 00 4C 01 = 32bit
50 45 00 00 64 86 = 64bit

うん、わかった。でもちょっとめんどくさい。

file コマンドで見る

macOS, Ubuntu, CentOS などに含まれる file コマンドを使えば、こんなふうに確認できます。

EXEはこんなふうに。

$ file System32/net.exe SysWOW64/net.exe
System32/net.exe: PE32+ executable (console) x86-64, for MS Windows
SysWOW64/net.exe: PE32 executable (console) Intel 80386, for MS Windows

DLLも、こんなふうに。

$ file System32/winusb.dll SysWOW64/winusb.dll
System32/winusb.dll: PE32+ executable (DLL) (console) x86-64, for MS Windows
SysWOW64/winusb.dll: PE32 executable (DLL) (console) Intel 80386, for MS Windows

自分のWindows 10環境にはWSLを入れているし、MacBook もあるし、だったら、file コマンドが一番ラクだということがわかりました。

プロジェクターがない訪問先で製品デモを行うときに、操作画面を見せる方法を考える

訪問先によっては、応接場所にプロジェクタやモニタがないことがありますが、そのときにソフトウェア製品の操作デモをスマートに見せる方法について考えてみました。

どんな方法があるか?

いろいろ考えたのですが、方法は次の3種類が挙げられます

  • モバイルディスプレイを持ち運ぶ
  • タブレットをセカンドディスプレイとして使う
  • 別のPCに画面をキャストする

このときに画面サイズは13インチ程度は欲しいです。これを下回ると細かい表示が見づらくなります。

それぞれの方法を深掘りする

モバイルディスプレイを持ち運ぶ

  • どんなデバイスからも出力できます
  • 表示品質は最良です
  • セッティングの手間も最小限です
  • ただしそれ以外の目的に使えません

ただし自分はこの方法は選びません。普段からカバンにはMacBook Pro Retina 13 inch 2台と9.7インチiPadが入っているので、ここにさらに外部モニタを追加するのは無理です。

それでもこの方法を選ぶとしたら、たとえばこんな製品があります。

タブレットをセカンドディスプレイとして使う

  • あくまでPCの出力用としてのみ利用できます
  • PC側(Windows or MacBook)とタブレットの両方に専用のソフトウェアをインストールします
  • 表示品質はそれなりだけど、描画の遅延があります
  • セカンドディスプレイとして使わないときは、普通にタブレットとして使えます
  • PC側のOSメジャーアップデートの際に問題を引き起こすことがあるので、メジャーアップデートの際は事前にアンインストールしておくことが推奨されます

すでにタブレットをお持ちならば、すぐに始められる方法です。たいていの場合はタブレット側にインストールするアプリが有償ですが、モバイルディスプレイの購入に比べるとリーズナブルな価格です。

ただしソフトウェア的に処理する都合上、どうしても処理の遅延が避けられません。

またタブレットの画面サイズは11インチ以上が望ましいです。これを下回ると大変見づらくなります。自分の場合は9.7インチ iPadでこの方法を試してみましたが、720p (1280x720) で用いた場合でも細かい部分が見づらいことがありました。

Android で使うなら iDisplay, iPad なら Duet Display あたりが選択肢になりうると思います。

別のPCに画面をキャストする

2名で訪問する場合や、1名でもPCを2台持ち運んでいる場合は、この方法がとれます。

PC の組み合わせにより、以下の3パターンが考えられます

この方法はネットワーク接続が前提なので、WiFiモバイルルータまたはスマートフォンテザリング利用が最低限必須です。5GHz帯が使える環境があればベターだと思います。

MacBook 2台の場合は「画面共有」を使うのが、どう考えても鉄板です。これは macOS 10.x の標準機能なので、何かを追加する必要がありません。操作される側のMacBookで「システム環境設定」の「共有」メニューから「画面共有」を実行すれば準備は完了。あとは操作したい側から "vnc://接続先PCの名前/" に接続するだけです。(Safariのアドレスバーや、Finder で「サーバに接続」で指定する)

同様に、Windows 8.1/10 Pro の画面を別のPCで表示する場合は、リモートデスクトップ接続がOS標準機能です。操作される側の Windowsリモートデスクトップ接続を有効にしておきます。

操作される側が Windows 8.1/10 Home の場合や、MacBookWindows 間で画面のキャストを行いたい場合は、Chrome Remote Desktop が扱いやすいです。

その他の方法

VNC を用いる方法は汎用的に利用できるはずですが、実際にはあまりオススメしがたいです。たとえばmacOS 標準の「画面共有」には VNC から接続できますが、2回目以降の接続がうまくいかない(接続後のユーザ認証が完了せず利用できない)ことがありました。

他にも、macOS の画面を別のPC上の Reflector でミラーリングする方法もありますが、こちらもおすすめしません。実際に試してみると画質があまりよくないようでした。

他に思いつく方法としては、PC2台+ビデオキャプチャ装置という方法があります。接続に一手間かかるけど、この方法は割とキレイに見せられるはずです。

自己メモ:Android SDK と NDK の違い

なんとなく自己整理のためのメモ

Android SDK - Android アプリケーション開発で一般的に使うもの。 - Kotolin (以前なら Java)で開発する - OSバージョンによって必要なAPIレベルが異なる。Google Play でアプリを配信する場合は2018年11月1日からは APIレベル26への対応が必要 - ちなみに Delphi/C++Builder/RAD Studio で APIレベル26 でアプリをビルドするには、10.3 のベータ版が必要らしい。10.2.x では未対応。10.3 ベータは、年間保守契約(アップデートサブスクリプション)期間内の場合にベータプログラムに参加することで入手できる。

Wikipedia の英語版に、OSバージョンとAPIレベルの一覧表があったのでリンク貼っとく。

Android version history - Wikipedia

Android NDK - NDK = Native Development Kit の略 - C や C++Android 向けの開発ができる - 通常の開発では使わない - Delphi/C++Builder/RAD StudioではネイティブコンパイルしてNDKでビルドしている。(Java や Kotolin にトランスパイルしているわけではない)

2018/10/12以降にDelphi/C++Builder/RAD StudioのIDE利用時に表示されるエラーを出ないようにしたい

2018/10/14 08:00 補足 エラーの発生は解決しているようなので、この記事の作業は必要ありません。 この記事は、発生したエラーの原因や、その対処方法に関する資料としてのみ、お読みいただけます。

続きを読む

iOS12にアップデートしたばかりの端末をiOS11にダウングレードする

このネタは期間限定なのでご注意ください。おそらく、2018年9月いっぱいで賞味期限切れになります。

目的:検証用の端末を古いバージョンで手元においておきたい

iOS12はパブリックベータのころから試していたのですが、正式版がリリースされたとなると、逆に1つ前のバージョンを実機で残しておきたくなりました。

通常、iOSはアップグレードすると前のバージョンに戻せません。iOSを個別のデバイスにインストールするには、デバイス+OSの組み合わせに対してApple の認証サーバが発行するSHSH (Signature Hash) が必要になるからです。

このSHSHは新しいOSがリリースされてしばらくすると、旧バージョン向けの発行が停止します。逆に言えば、旧バージョン向けのSHSHが発行されている間はダウングレードが可能です。

つまりiOS12がリリースされた直後でiOS11向けのSHSHがまだ発行されている今ならiOS11に戻すことが可能なのです。

注意事項:OS入れ替えをすると完全に初期化されます

ダウングレードしたら、ゼロから環境を作り直すか、またはダウングレード対象OSバージョンでのバックアップから復元します。iOS12で作成したバックアップはiOS11には適用できないことにご注意ください。

必要なものを用意する

必要になるのはこんなものです。

PCは当然用意済みでしょうから、ここではファームウェアを入手することにします。iOS11の最終ファームウェアは11.4.1ですので、"iOS11.4.1 ファームウェア ipsw" のようなキーワードで検索すると、ファームウェアのダウンロードリンクを掲載しているサイトがいろいろ出てくると思います。このときに、ファームウェアのリンク先が確かに apple.com を指していることをよく確かめてください。ファームウェアのダウンロードリンクが apple.com ではないリンクは基本的に NG です。

iPhoneを探す」の機能をOFFにするなど、iPhoneを修理に出す際に推奨される作業を行っておく

これを行わずにダウングレードを実施すると、ダウングレード後の起動でAppleIDによるロックが掛かった状態になります。

iPhone を DFU モードにする

iPhone を強制リカバリーモードにするために DFU モードにします。基本的には以下の手順ですが、iPhoneX/8/8Plus以降ではホームボタンの代わりに音量ダウンボタンを押すみたいです。

  • 電源3秒押し→電源+ホームボタン10秒押し→ホームボタンだけをさらに押し続ける

iTunes からファームウェアを選択して復元する

DFUモードになったiPhoneをPCに接続し、Altキー (Windows) または Optionキー (macOS) を押しながら「復元」を選択すると、ファームウェアを選んでの復元ができます。ここで iOS11.4.1 のファームウェアを選択すれば、iOS12にアップデートした端末をダウングレードできます。

より詳しく知りたい方は、iOS の脱獄系の情報を調べるとよいでしょう

今回の手順で紹介した SHSH の話はiOS脱獄では必ず出てくる話題なので、脱獄関連の情報を調べるといろいろ参考になるはずです。