pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


MS04-004 : Internet Explorer の重要な更新

Internet Explorer 6 Service Pack 1 用セキュリティ問題の累積的な修正プログラム(MS04-004) がやっとリリースされました。

これでURL偽装の脆弱性が解消されましたが、同時に少々困った問題が出てきました。このアップデートを適用すると、URLに次の形式が利用できなくなります。


http(s)://username:password@server/resource

このURL形式はHTTP BASIC認証で要求されるIDとパスワードをURLとして記述したもので、ID、パスワードが必要なページを、その情報ごとブックマークする時などに便利です。でも当然危険です。

しかし、適切に管理されたコンピュータで利用する分には構わないように思います。
ショルダーハックされるリスクを承知でパスワードが記録されたメモ紙を見ながらIDとパスワードを入力するよりは、はるかにマシな方法だという気がします。

これについてのナレッジベースは834489 - Internet Explorer で HTTP URL と HTTPS URL のユーザー情報を処理する際のデフォルトの動作を変更するソフトウェア アップデートのリリースについてに出ていますが、この新たな機能追加(修正)を回避する方法はないそうです。

今後はブラウザを2種類使い分けることにしようかな。

18:15 追記
834489 - A security update is available that modifies the default behavior of Internet Explorer for handling user information in HTTP and HTTPS URLsによると、レジストリキー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_HTTP_USERNAME_PASSWORD_DISABLE に利用するアプリケーションのファイル名 (iexplorer.exe とか explorer.exe とか) のDWORD値を 0 で作成すると、そのアプリケーションでは http(s)://username:password@server/resource の形式が使えるようになるそうです。

Win2K でレジストリエディタで編集するのが面倒な場合はこんな内容をiexplorer_username_password_enable.regという内容で保存し、それを開くと簡単ですね。(内容は保障しませんので own risk でよろしく)



Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_HTTP_USERNAME_PASSWORD_DISABLE]
"iexplore.exe"=dword:00000000
"explorer.exe"=dword:00000000

とりあえずブラウザ2種類併用の危機は回避できた。