pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


Google Form で社内向けのアンケートを実施した場合に、そのアンケートに未回答の方をリストアップする。

Googleフォームは社内向けにアンケートを実施したり、あるいは何かの作業の実施状況を集計するような用途に使用すると、その結果を Google Spreadsheet に自動的に落とし込めるので大変便利なわけですが、全員からの返答が漏れなく収集できているかどうかを検証する方法が標準では用意されていないようです。

そこでスプレッドシートの関数だけを用いて、未回答の方をリストアップする方法を考えてみました。

なお、Google Apps 以外でも使えるかどうかは検証しておりませぬ。

どうやればよいか。

ざっくり言うと「Form の回答時にユーザー名を自動で取得する」ようにしておき「そのユーザー名に対してCOUNTIFする」だけですね。そうすれば未回答の方は 0 になるから、これで切り分けできる。

これをもうちょっと工夫すると、数値表記ではなく文字表記にできますし、未回答の方を色で区別することもできます。


このための手順は以下の7ステップです。ただしここでは「Form の回答時にユーザー名を自動で取得する」設定の手順は除外しております。

  • Googleフォームの回答を記録するスプレッドシートに別シートを追加する。
  • 追加したシートの1列目は見出し行にし、A1=メールアドレス、B1=回答状況 のようにしておく。
  • A列には回答対象者のメールアドレスを列挙する。
  • B列の書式をカスタム数値形式にて 返答済み;;未返答 と設定する。
  • B2には "=COUNTIF('フォームの回答 1'!B:B,$A2)" という計算式を定義する。
  • B3以降の行には B2 セルの内容をそのままコピーする。
  • B列に条件付き書式で、値が0 の場合に着色されるように定義しておく。


こうすることで未回答の方には「未回答」と表示されるわけですね。しかも色がつくから、実にわかりやすい。

スクリーンショットは気が向いたら作ります。