pslaboが試したことの記録

はてなダイヤリーからはてなブログに引っ越してきました

この日記は現在実行中の減量記録を含む個人的なメモとして始めましたが、最近はコンピュータやガジェット、ハック、セキュリティネタのほうがメインになっております。

iPad3のSIMロックに関する考察とSIM下駄による解除の試みはSoftbank版iPad3にiPhone用のSIM下駄を履かせてみるにいろいろ書いてます。

ポストした内容のカテゴリー分けがちゃんと出来てないので、過去記事を探したい方はお手数ですが検索で探してみてください。


Anker PowerCore Fusion 5000でMacbook Pro 2016の充電を試みる(2)

先日、こんな記事を書きました。

pslabo.hatenablog.com

しかしこれは簡易的な検証でしたので、もうちょっと内容を広げてみることにします。負荷が高い状況での比較とか、PowerPort+5との比較とか。

なお、0%~100%の充放電テストは行っていません。時間がかかってつらいので。

使用する機器

試験内容

  • そこそこの負荷をかけた場合に、Macbook Pro 2016 13inch のバッテリはどのように減るか。さらに、Anker Power Core Fusion 5000 の内蔵バッテリから給電したら、内蔵バッテリの減るペースがどの程度緩和されるか?
  • 負荷を掛けない状態でのApple純正充電器とPowerPort+5 での違いは?
  • 負荷を掛けた状態でのApple純正充電器とPowerPort+5 での違いは?

負荷の掛け方

下記コマンドを同時に4本走らせておく。

cat /dev/urandom | md5 &

試験結果

Anker Power Core Fusion 5000 の内蔵バッテリからの給電によって、Macbook Pro 2016 13inch の内蔵バッテリの減りはどの程度緩和されるか?

f:id:pslabo:20170712095027p:plain

Macbook の内蔵バッテリが減る速度は、Power Core Fusion 5000 からの給電により半減できる模様です。

負荷を掛けない状態で、Apple 標準のMacbook Pro 13inch 用USB-C充電器とAnker PowerPort +5 では充電速度がどれくらい違うか?

若干ではありますが、純正の充電器のほうが充電速度は速いです。しかし Anker PowerPort +5 でも全く問題なさげです。

f:id:pslabo:20170712095220p:plain

そこそこの負荷を掛けた状態で、Apple 標準のMacbook Pro 13inch 用USB-C充電器と Anker PowerPort +5 では充電速度がどれくらい違うか?

f:id:pslabo:20170712095229p:plain

こちらは純正の充電器のほうが相当速いですね。そういう意味では、Anker PowerPort +5 の給電能力は少々不足気味ではあります。ただし充電ができないわけではない。

結論?

Anker PowerCore Fusion 5000 は基本的には気休め程度と割り切って使う感じ。モバイルバッテリ機能が不要なら、Anker PowerPort +5 がやはりベターな感じですね。